FC2ブログ

2016年03月 の記事一覧

親族相姦 きれいな叔母さん 澁谷果歩

休みを利用して叔母の家にやって来たタケシ。親戚の家に遊びに来たといえばよくある話だが、本当の目的は美しく優しい叔母の果歩に会うためだった…。積年の思いを実現しようと、叔父の目を盗み果歩の体を激しく求めるタケシ。禁断の関係に躊躇する果歩だったが、タケシの純粋な恋心と若いチ○ポの誘惑にほだされ、やがて…。
スポンサーサイト
[PR]

花ことばに誘われて…~OL誘惑レズビアン~ 高嶋ゆいか 池端真美

新人OLの「真美」はある日、先輩OLの「ゆいか」に頼まれて、仕事の資料を「ゆいか」の家に届けに行く事になるのだが、招かれた「ゆいか」の家で一輪の「胡蝶蘭」に目を奪われる。レズビアンであった「ゆいか」自身の大人の魅力と花言葉によって、「真美」は無自覚にレズビアンとして芽吹いてゆくのを感じるのであった…。

童貞クンと中出し不倫 佐々木あき

童貞男子のウブな恋心を察した若妻は、彼の《初体験》を優しく丁寧な中出しSEXで叶えてあげる…。彼女の上手に絡みつくフェラに思わず暴発するが、再び全身リップで大きくしてくれて、奇跡の生挿入~膣内射精で最高の童貞卒業へと導かれる。【シャワー室で盛り上がって…】お互いさっきの余韻に浸りながら、身体を洗い合っている内に、三度勃起する若いチ●ポをすんなりと受け入れ、笑顔で生挿入させてあげる若妻。

夫の知らない人妻同士の昼下がり 激しく愛し合いたい人妻レズオーガズム

人妻AVモデルが素人人妻さんの心にぽっかり空いた穴を埋めにご自宅までお邪魔します!まるで恋人同士のようなイチャラブな二人のレズプレイが始まると、忘れていた感覚を取り戻すかのように夢中にお互いを貪りイキ続ける!白昼堂々繰り広げられる、旦那の知らない人妻同士の禁断レズ不倫。

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 七原あかり

田舎に住んでる義兄が、休みを利用して、弟夫婦の家に訪ねてきた。あかりは、久方振りにお会いする、夫の兄を出迎えたその玄関先で、思わず視線が泳いでしまった。田舎暮らしでムッキムキに鍛え上げられた義兄の逞しいカラダ。見てはイケナイと思いつつも、おズボン越しにもモッコリと猛々しく存在感を主張されている、見事なまでの馬並み男根の膨らみに、あかりは思わず、うっとりと見とれてしまったのだった…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら台風で帰りの新幹線が運休のため急遽現地で一泊する事になりました 澤村レイコ

上司の澤村と地方に出張に行く事になった部下の横山。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り酔って終電に向かうが台風の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く、一部屋しか空いてない事が発覚する。

昨日まで素人だった看護学部に通う大学生 初めての中出し本気セックスで初絶頂 パイパンマ○コから滴り落ちる精子を見ながら放心状態で「気持ち良かったです」 連続アクメでは涙も流してAVデビュー 佐藤真央

看護師を夢見て大学の看護学部に通う20歳。男性経験も少なく、自分がスケベなのかもわからないと言う彼女の本質を探ります。初脱ぎで露わになったのはパイパンマ○コ。フェラではイヤラシイ厚めの唇に精子をたっぷり浴びます。セックスでは初めての絶頂を味わい、更に中出しの洗礼。玩具では何度も何度もイカされ涙を流します。3Pでは激しいピストンに喘ぎまくり中出しされても気持ち良すぎて何が何だか、わかっていません。

はだかの奥様 大場ゆい

乳房や性器を常に丸出しの無防備すぎる奥様の日常。いつも裸で過ごす専業主婦、ゆい。「奥さんはいつも裸なんだけど恥ずかしくないんですか?」お隣さんとの世間話の最中に問われ困惑する。何故なら彼女は生まれてからずっと裸で暮らしてきたのだ。だから裸を見られることを特別恥ずかしいと感じた事はない。しかしこれをきっかけに彼女の心境にある変化が…。

交通事故で入院、凹んでいた僕は人妻ナースの無防備パンチラで勃起、キモがられると焦ったが「大きいですね…」と興味津々で喰いついてきた。 笹山希

街で悪名を轟かせている山本がとうとう悪運尽きたのか街で大ゲンカの末に傷を負い入院、毎日退屈な日々を過ごしていた。しかしそんな山本にも唯一の楽しみがあった。それは病院で真面目にはたらく看護婦である希との他愛もないふれあいだった。山本は今まで出会った女たちとは違う聡明な輝きを放つ希に心奪われていた。だが、ある日山本は希の見てはいけない姿を目撃してしまう…。

近親相姦中出しソープ 初めての熟女風俗、指名したら母ちゃんだった 谷原希美

大学生のトオルは、初めて風俗に行くことにした。以前から気になっていたソープ嬢で予約を入れ、ドキドキしながら待っていた。しかし、そこに現れたのは自分の母・希美だった。気まずくなったトオルは逃げようとするが、「このままトオルが帰ったら、お母さんお店の人に怒られちゃう…折角だから楽しんでいったら?」と希美に引き止められてしまう。トオルは戸惑いつつも、次第に希美のテクニックに夢中になっていき…。