FC2ブログ
素人 > 娘の授業参観の帰りに情事 大量の潮吹きで昇天する自縛り熟女 10回以上のイラマチオで昇天 生ハメ中に娘に電話 立ちバックで中出し【個人撮影】ZIP付き

娘の授業参観の帰りに情事 大量の潮吹きで昇天する自縛り熟女 10回以上のイラマチオで昇天 生ハメ中に娘に電話 立ちバックで中出し【個人撮影】ZIP付き

彼女には子供が二人いる 育ち盛りだ
指輪はかかさない 旦那を愛してるからだ
清楚な人妻らしい30代のペットだ

出会いはかなり、さかのぼる ネットの掲示板で彼女が募っていた
ご主人様というよりも自分に縄縛りと性の快楽を教えてくれる男を。
喫茶店で待ち合わせた記憶がある 清楚で大きい瞳が特徴的だった

午後 その時も午後だった
そしてずっとこの下僕を育ててきたんだ 縄縛りを教えた
Mとしての特性と快楽
セックスは激しく、そして中出しの気持ちよさを彼女は体現できるようになった

今日もしっかりと左手には結婚指輪

黒のタイトスカートに白いワイシャツ

まだ若い人妻がフォーマルな恰好をしている
色気がある
そんな年齢に近づきつつある女性
ラブホテルの黒いソファに座っている
顔にはいつものように黄金のマスク
「今日は娘の授業参観がありました。そこから抜け出して来て
今、ご主人様のところにいるんですけど。ちょっと悪い母親かなって思いつつ」
「ちょっと娘の後ろ姿を見てて、今日は算数の授業をやってたんですけど、前回は国語で凄い漢字を読むのが苦手な子だったんですけど、前もって先生から読むところを教えてもらってたみたいで。一応スラスラ読んでましたね」

「で、今日の算数だったんですけど、娘は結構、算数は得意なので隣の男の子に教えてあげてたりとかしてましたね」
まさに母親の会話だった
今、さっき娘の授業参観を見ていてそのことを語っている
不倫の人妻との情事の醍醐味だった
そんな彼女に私は今日の指示書を渡した

「着衣のまま自縛りをしてフェラチオとバックを繰り返す」
「かしこまりました」
相変わらず素直な下僕だった
「ご主人様、縄をください」
当然の要求だった

私は彼女のお気に入りのピンクの縄を渡した
そして
自縛りを始めた
「少し脱いでから縛ってもいいですか?」
私はもちろん頷いた
そう言ってワイシャツのボタンを外していく
青いブラジャーが見えた
ブラジャーをズラスと黒ずんだ乳首が見えた

子供に吸われた感のある乳首
興奮する大人の不倫だった

「少し解放された気分なので縛ります」
縄をほどく人妻
「バックのやり易い縛り方を、ご主人様、よく教えてくれましたよね」
そう言ってスーツのまま自縛りをする
上腕
首の後ろから縄を通す
繋ぎ玉を乳房の中央におく
そして胸の周りを縛っていく
私が教えた基本を忠実に守っている
優等生

二本目の縄をほどいていく
つなぎを作っていく
「今、やってることが娘の授業参観の後だなんて信じられませんよね」
その通りである
大人の不倫だから面白い
自縛りを続ける人妻

二本目の縄で下腹部を縛っていく
ちょっと弛みがある私好みの熟女のお腹だった
完成した

下腹部から上腕にかけての見事な縛り
「私の乳首をしっかり見てもらえますか?」
私は即座に頷いた
そして乳首に接近した

黒ずんだ垂れた乳首に
「ちょっと恥ずかしい」
照れるメス犬
乳首を弄っていった
当然、漏れる喘ぎ声
このメス犬の性感帯は乳首 周知の事実
「乳首気持ちいいです」
悶えていく人妻

「乳首をもっと弄ってください」
私は激しく弄っていった
一気に盛り上がるメス犬の吐息
軽く昇天する熟女

「そんなことされたら、オナニーしたくなっちゃいました」
「アレをください」
私は彼女お気に入りの電マを渡した
スカートを捲ってパンツを脱ぎだす
手慣れた作業
調○も長くやっているとこうなる
私としても嬉しい瞬間だった
阿吽の呼吸が

電マのスイッチが入る
室内に響く振動音
ソファに寄りかかって乳首に電マを当てていく
自慰行為の始まりだった

さっきにも増して喘ぎ声が出る
もう一方の手で股間も擦っていく
貪欲な性だった

身体が動いていく
感じている様子がよく分かる
電マを股間に持っていく
クリトリスを弄っていく 理にかなったオナニー
午後のラブホテルに電マ音 喘ぎ声
「こんな恥ずかしい姿、ご主人様に見てもらえて凄く興奮します」

陶酔に浸っている熟女
「気持ちいい、気持ちいい」
「イッチャイそう」
絶叫
大絶叫
昇天

熱気で部屋が息苦しい
痙攣する熟女の身体
私は再び電マを足で彼女の股間に当てていった
一気に盛り上がる
「また、イッチャウ」

再度の昇天
震える小柄な体
そして
「ああ、何か出ちゃう」
電マをクリトリスに当てていく
身体をくねらせる
凄い勢いで噴出する愛液


ソファから床から全てが洪水
大量に垂れ落ちる潮

お尻がビチョビチョでソファに座っている人妻
上腕は縛られてスーツのまま
息はかなり乱れている

「ご主人様、はしたなくて、ごめんなさい」
まさに床は水浸しだった
「ご主人様、おチンチン、しゃぶらせてください」

懇願してきた
私は小さく頷いた
うつろな目で私の前に来る人妻
そしてフェラチオ
床は自らの潮だらけ
けっして、せかさない大人の舐め方

心地いい
「ご主人様のオチンチン、美味しいです」
そう言って亀頭を口の中で転がす
舌を使って竿も舐めてくれる
優等生
私は彼女の頭をチンポに押し付けた

イラマチオ
グリグリとねじ込むように押し付ける
手を放すとむせ返る人妻

チンポビンタの後に再びフェラチオ
さらに連続イラマチオ
さっき以上にむせ返る人妻
それでも、しゃぶり続けるメス犬だった
大きいグラインドで根本まで咥えこむ
心地いい
「大きいチンポ、しゃぶっていて興奮します」
「私は、ご主人様のメス犬、ペット、下僕です」
舐め続ける
さらにイラマチオ
もはや習慣のようにむせ返る人妻
「もっとください」
私は彼女の頭をもって自ら腰を振っていった

深いイラマチオ
「もっとください」
あくまでも貪欲な人妻だった
イラマチオ+チンポビンタを敢行
「ご主人様、メス犬に中からチンポ入れてください」
求めてきた
私は彼女のお尻をスパンキングしていった
ソファに四つん這いになる熟女

バックで生挿入
潮を吹いた熟女のマンコ 予想通りに濡れ濡れだった
ヌルっとした感覚がチンポをおそう
私はピストン運動を開始した
激しく感じるメス犬
バック特有の奥深くまで刺さる感触
私のチンポはしっかりと彼女の子宮まで届いていた

彼女の大きいお尻が激しく揺れる

驚くほどに大きい喘ぎ声
「もっと奥まで突いてください」
私の身体と彼女のお尻がブツカル音が激しく響く
「イク、イク、もうダメ」
昇天
息も絶え絶え
身体も激しく痙攣する熟女
それでもスパンキングしていった

さらにピストン

そんな彼女に私は携帯電話を渡した
「電話するんですか?」
そう、相手はもちろん娘さんだ
「あ、もしもし。」
お尻を叩く音 スパンキング
「あ、何でもない」
さらにスパンキング パシンと言う音が響く
私のチンポはしっかりとマンコに挿入されている
「今、どこにいるの?」
「そう。外だと思ったから携帯に電話した」
日常会話がそこにはあった
「うん。ああ、あそこね。スーパーの近くなんだ。分かった」
「今日さ。先生にプリントのこと?」

私は再びスパンキングしていった
声を必死に我慢する人妻
「え?音?何か周りでパンパンしてるみたい?」
上手く誤魔化す熟女
「先生にプリント渡してって頼んでおいたけど渡してくれた?」
「ああ、ありがとう」
学校のことで話あう
そんな姿がそこにあった
私のチンポはしっかりと彼女のマンコに入っている

「今日さ、ちょっと後ろから見てて気づいたんだけどさ
隣の男の子いたじゃない?教えてあげててさ、えらいなって思ってさ」
娘を褒める母親
私はその瞬間に激しくピストンしていった
当然、悶える人妻
「ああ、なんでもない、なんでもない」
さすが熟女
「あ、そうなんだ。そこに気づいたんだ」
私はそれでもピストンとスパンキングを止めなかった
「うん。分かった。もうそろそろ帰るのね」
「私は後、一時間くらいかな?ママより先に着くでしょう」
必死に喘ぎ声を我慢する
「はーい。じゃあね」
ようやく電話を切る人妻だった

私は堰を切ったようにピストンしていった
激しく悶える熟女
飛び散る汗
そして嬌声
昇天

さらに立ちバック生挿入
さっき以上にチンポがマンコに刺さる
立ちバック特有の奥まで刺さる感覚
ピストン

さらに片足上げ立ちバック
めり込んでいくチンポ
「気持ちいい」を連発するメス犬
「もっとください」
私は最高の速度でピストンしていった
立ったままの昇天

そして最後のピストン
ラブホテルに響く嬌声
絶叫
大絶叫
膣内射精

かなりの精子がマンコに注入されていく
ドクドクとした感覚が身体に伝わる
チンポをマンコから引き抜く
太腿に垂れ落ちる精子
そして床にまで達する

人妻の慟哭がまだ聞こえる
午後の不倫が終った
そんな午後
普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子
私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

動画サイズ:1920×1080
時間:31分41秒
スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する